【本質的英語の「of」の発音】日本語の”オブ“より”アブ“の方が近いことに注意!

未分類
ノートン
ノートン

こんにちは!ノートンです。今日は、前回好評だった英語の発音シリーずということで、接続詞の「of」の発音について、ネイティブ発音の方法を紹介していきます。

まずは、前回の「英語のTHのネイティブ発音の仕方」も、まだご覧になっていない方は併せて読んでみて下さいね。

それでは、早速いってみましょう。

日本人の「of」がらしくない理由

まず、一般的な日本人が発音する「of」は、カタカナで「オブ」と言っていることが多いと思います。まぁ、普通に英語のカタカナ表記でも、オブと書いてありますからね。そこになんの違和感もないと思います。

でも、これでは、確かに通じるかもしれませんが、ネイティブからすると、やっぱり“違和感”を感じてしまうんですね。

その大きな理由は、「オブ」の「オ」の発音です。そもそも、「of」の「o」は、厳密には「オー」ではないのです。

その辺りを詳しく、次から見ていきましょう。

「of」を日本語でいうと“アブ”の方が近い

そう、もう結論から言いますが、「of」は「オブ」ではなく、日本語表記で言うと、「アブ」に近いんですね。これは、英語の発音記号を確認すると、より分かりやすいと思います。

「of」の発音の発音記号を辞書でしらべみると、『əv』となってます。「オ」のところが、eの反対のような記号になってますね。

これは、いわゆる発音業界でいう“曖昧母音”と呼ばれるもので(発音記号に関しては、発音のむしろ邪魔になるので、全く覚えなくて大丈夫です。)、「曖昧に“”アと発音する〜」とか、「弱く“ア”と発音する〜」とか、めちゃくちゃふんわりした表現がされています。

で、この辺の詳しい発音方法については次で紹介しますのでここでは割愛しますが、どちらにせよ、やっぱり「o」は「ア」と発音するのです。

ここは一つ目の大事なポイントなので、しっかり抑えておいてください。「of」は「オブ」より「アブ」と発音するのが正しい、ということを。

口先で言わずに喉の深くを響かせるとネイティブっぽくなる

はい、では「of」は日本語で言うと「アブ」である、ということを先ほどまでは紹介しました。

しかし、日本語で「アブ」と言っても、ネイティブ発音とはかけ離れています。ここでもポイントはやっぱり「o」で、先ほどは「ア」とは言っても、日本語で一番近いのが「ア」なだけで、厳密には「ア」ではありません。(ですが、「オ」よりは全然近いです。)

では、やっぱり発音記号のように、「ア」を曖昧に言ったり、弱く言ったりすればいいのかとういと、それも違います。そもそも、発音の定義がそんなに曖昧であれば、人によって発音に幅がかなり出てきてしまいますよね。

でも、ネイティブの発音は、それぞれ多少違えど、人種や住んでいる地域が同じであれば、ほぼ同じ発音です。

ということは、しっかりと曖昧ではなく、発音の定義があるはずです。

そして、その定義の一つが「喉の奥から声を出して、響かせること」なのです。

文章で書くとかなり分かりにくいと思いますが、英語って全体的にかなり立体的で、「独特の響き」があると思いませんか?

私自身、それにけっこう早くに気付いていて、発音記号だけ勉強していても、全くネイティブ発音にならない・・と悩んでいました。

が、この喉を使ってしっかりと音を響かせる、そして、この「of」の「o」に関しては、喉の一番奥のところを響かせて、「ア」ということで、曖昧母音と言われている「ə」の音がしっかりとネイティブ発音で出るようになります。

やっぱり発音の本質は口や舌ではない

はい、ということで、今回は接続詞の「of」について書いてきました。

単語としては超基本単語なのですが、発音は以外とけっこう難しいと思います。

しっかりと発音できている人は、日本人の中でもかなり少ないんじゃないでしょうか。

今日お伝えしたように、ポイントは「オブ」ではなく「アブ」というのが日本語でいうと近いこと。そして、「o」の発音の「ə」を、しっかりと喉の奥を響かせて出すことで、ネイティブ発音にぐっと近づきます。

基本的に英語発音はこの喉発音が基本になるので、一つ一つの単語の発音練習を通して、まずはこの喉発音をマスターしていきましょう。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました